アレルギーは大人になってからでもいきなり発症したりします。生活態度や食事など色々と原因があります。こちらではアレルギーにならない為の対策、アレルギーになってからの対策を載せていきますので参考にしてください。

金属アレルギーによって髪の毛が抜けることがある

虫歯治療の歯の詰め物による金属アレルギーで、髪の毛が抜けることがあるのをご存じでしょうか。
アレルギーとは、免疫の反応が、特定の抗原に対して過剰に起こした症状ですが、本来、免疫反応は、異物を対外に排除するための生理機能ですが、この防衛反応が、過剰に起こったり、異物として攻撃することがアレルギー反応です。
アレルギー反応として一般的なのが、花粉症ですが、そのほかにも食物アレルギーや金属アレルギーがあります。
金属アレルギーは、名前の通り、金属が原因となるアレルギーで、金属から微量に溶けだした金属イオンが、人体のタンパク質と結合してアレルゲンとなり、アレルギー反応を起こしてしまいます。
よく知られた症状として、金属を直接肌につけた部分の皮膚が、赤くなったり、かゆみが出ます。
アレルギーを起こしやすい金属は、ニッケル、コバルト、クロムで、金、銀、白金などは、アレルギーを起こしにくいと言われています。
以外なものでは、チョコレートに含まれるニッケルで、食べ物にも金属が含まれている場合もあるので、注意が必要です。

ここで大変意外なものが、金属アレルギーを引き起こします。
それが、虫歯治療などで使用される金属の被せ物です。金属が口の中で溶け出し、体に異常な反応を引き起こします。この為口の中に溶けどした金属と接触した舌や頬の内側が、赤く腫れたり、白くなるなどの炎症を引き起こしてしまいます。またそれだけではなく、髪が抜けることもあります。
溶け出した金属イオンと、毛根部のケラチンというタンパク質が結合してアレルゲンとなり、免疫細胞によって攻撃され、毛根がダメージを受けて髪が抜けるという症状を引き起こしてしまいます。
歯の治療にアマルガムやパラジウム合金が使われている場合に起こる可能性があるので、気になる方は一度歯科医院で確認してみてはいかがでしょうか。